Monexグループのサーベイ結果 株価好調の日本をはじめアジアへの期待が高まる

by Forex Magnates at 24 June, 2015 カテゴリ: 国内総合

Monex-group_Cutout-Logo-Mock-Up_color_header-880x400

5月26日から6月5日にかけて行われたMonexグローバル投資家サーベイのデータによると、日本の投資家は日本株に対しての期待が最も高いことを示している。さらに、サーベイでは、投資家が今後3ヶ月でアメリカ株に対する見通しも上昇していることを示した。一方中国の株価に対する見通しは低下した。

また、主要国の株価指数を比較すると、上海総合指数が5月末時点で昨年比42.6%上昇し、日経平均株価とドイツのDX指数がそれぞれ同期間で17.8%、16.4$上昇した。マネックスグループはこの結果から、日本人投資家は中国の今年これまでの力強い上昇後の、さらなる利益の見通しに対しては懐疑的であると考えている。これまでのところ、中国に対する見通しは、上海総合指数が今月初めに2015年最高を記録してから、10%低下していることにも表れている。

usd-jpy-monex-survey

外国為替価格

ドル/円の為替レートでは今年初めに、2002年以来最高の235.85を記録し、これがさらに進むかどうかという憶測が日本企業と投資家にとっての重要な問題隣っている。マネックスグループはサーベー対象となった日本投資家の大多数は円はドルに対して下落を続けると予測している。全体で回答者の68%がドル/円が今後3ヶ月で上がると予測し、12%が下がると予測した。

日本の外国為替ブローカーにとっては、高いドル/円価格が彼らのビジネスにとって良い兆候となり、取引高記録にもそれが示されている。さらに、円のボラティリティは日本における外国為替取引に強い興味を引きつける鍵となっており、日経の株価の上昇も、20年間の弱気市場の後、投資家を株式へと引き戻す力となっている。

ファイナンスマグネイト東京サミット参加及び展示やスポンサーシップへのご参加に関しての詳細は、summit@financemagnates.comまでご連絡ください。





コメントはまだありません.