マインニングのハッシュ関数が再度軌道に乗るか?

by Forex Magnates at 24 June, 2015 カテゴリ: 仮想通貨 | 金融 テクノロジー

pulse-trace-880x400

グラフィックカードが当たり前になり、特定用途向け集積回路(ASIC)がほとんどレーダーに乗らなくなったビットコインマイニングの時代は、2年前に普及した自由貨幣の時代ともかなり異なる。

東京サミット2015で日本のFX、Fintechシーンを探索しよう。

ビットコイン採掘のハッシュ関数は指数関数的に伸びており、ビッドコインの価格も高まっており、採掘も非常に有益な利益の高い事業となっている。例えば、2014年3月までに、6カ月の間にハッシュ関数は30倍に増加している。

2014年を通してハッシュ関数は増加を続けているが、以前よりも際立って遅いペースとなっている。今年3月までの6カ月間に、ハッシュ関数は2倍に落ち、最も停滞していた時期は3か月になるという。

本質的に、低価格なビットコインと成熟したネットワーク資本によって、マイニングが利益を上げる一番効率の良い装置として我々は均衡な制度を保っている。家からマイニングをする時代はもう終わってしまったのだ。

Hashrate

最大の疑問は、特定用途向け集積回路(ASIC)のテクノロジーが他の価格帯の補助なしにハッシュレートの増加を取り戻すのか、ということである。もしくは、ハッシュレートの減速する成長か、さらなる価格崩壊による急落を見ることになるのだろうか。

また、エネルギー効率の進歩がマイニングを再び有益にすることができるだろうか。どうして我々はマイニングの安定した増加を見ることができないのだろうか。違う目線で見ると、古い装置が特定用途向け集積回路(ASIC)と入れ替わる伐期齢または、一番利益を上げているマイナーが更にハードウェアをオンラインで販売することにより警告をしているのだろうか。

『財政界の大立者』ビットコインショップのCEO・チャールズ・アレン氏によると我々は二つが組み合わさったケースを見ることになるとの事であった。ビットコインショップは現在、大手ハードウェア製造業者Spondoolies-Techをスポンサーに付け、ほとんど全て業務をマイニングの管理に当てている。アレン氏によると、

「私たちは以下の二つを目の当たりにすることになると思います。一つは、古い装置からの交換と、二つ目は新しいASIC機能を持つ装置のさらなる普及です。」

彼は、ネットワークの主要なプレイヤーがどのように最近のASICを普及させたのかを説明した。

「例えば、Blocktail’sの共同出資分配にいくと、Bitfurty8% から14.6%(噂されているスペックでは、0.35 J/GH空冷であった)増加したことが分かる。KNCBitmainがすぐに分散するだろうと予測した。現在、両者は次世代装置を分散していないにも関わらず、KNC 5% から 2.5%へ下落し、 Bitmain 19% to 14.5%へ減少している。21 Inc6カ月間連続で伸びており、潤沢な資金もある。」

現在、ハッシュ関数は360 PH/s (10^15 ハッシュ 又は暗号演算、毎秒)にとどまっている。アレン氏は去年、インサイド・ビットコイン・テルアビブで、ハッシュ関数の通年の安定した増加を、彼の新しいパートナーであるガイ・コレム氏が予測するように見た。

「ビットコインは、今年末までに700 PH/s 及び1 EH/s (= 1,000 EH/s)、又は1ビットコイン当たり250ドルになると信じています。」

それとは別に、彼は無制限にハードウェアがオンライン上で入手可能になるという意見に合意していない。オペレーションを立ち上げることは主要なプロジェクトであり、企業はハッシュパワーを追加する事が有益なのかどうかを査定している。

産業の形態は劇的に変化しています。今では、BitfuryBitmainKNC ST/BTCSといった主力なプレイヤーは、デザイン、製造業、または一般向けの販売とは相反したマイナーの発展に注目されています。ほとんどの主力なプレイヤーがクライアントを選ぶために販売し、現在もしくは計画予定の施設を埋め合わせるほど十分に製造することになるだろうと予期しています。もし製造費を十分に下げられる場合は、追加販売分だけを製造し、ハッシュ関数の上昇によって、現在のオペレーションの共食い整備による減少分の相殺を上回るときに売却されるだろう。」

ファイナンスマグネイト東京サミット参加及び展示やスポンサーシップへのご参加に関しての詳細は、summit@financemagnates.comまでご連絡ください。





コメントはまだありません.