EU首相 23日未明ギリシャ問題で緊急会議へ

by Forex Magnates at 22 June, 2015 カテゴリ: 海外総合
imgres
日本時間23日未明から、ユーロ圏の首脳は債務不履行に陥る恐れが出ているギリシャへの金融支援について緊急会議を開き、合意に向けてぎりぎりの折衝が行われる見通しだ。
これは先週、ギリシャへの金融支援をめぐる協議が決着しなかったことを受けて、緊急に開催が決まったもので、日本時間23日未明からベルギー首都ブリュッセルで開かれる予定だ。
資金繰りに悩むギリシャは金融支援を受けなければ、今月末が返済期限である国際通貨基金(IMF)に対する2000億円を超える債務を返済できず、債務不履行に陥る恐れが出ている。
ユーロ圏各国は年金の削除などの構造改革の実施を支援の条件とし、ギリシャ政府は21日よる、新たな構造改革案を示した。
この新たな構造改革案の詳細は明らかにされていないが、首脳会議に先立ち開かれるユーロ圏の財務省会議で内容が精査される見通しだ。EUのユンケル委員長は22日午前、記者団に対し、「ここ数日の進展はあったが、今日明日で合意できるかはわからない」と述べた。
IMF返済期限まで1週間あまりとなるなか、各国首脳のぎりぎりの折衝が行われる見通しだ。
ファイナンスマグネイト東京サミット参加及び展示やスポンサーシップへのご参加に関しての詳細は、summit@financemagnates.comまでご連絡ください。




コメントはまだありません.