ゆうちょ預金限度額引き上げに金融界の反発

by Forex Magnates at 18 June, 2015 カテゴリ: 国内総合

imgres

自民党の提言の中にゆうちょの預金限度額(現行1000万円)が盛り込まれたことについて、金融角界から反発が強まっている。

東京サミット2015へのご参加をお待ちしております。お申込みはこちらへ

全国銀行協会の佐藤康博会長(みずほフィナンシャルグループ社長)は18日の記者会見で本件について「民間金融機関とゆうちょ銀行との共存の道が絶たれると激しく批判した。今秋にか株式上場を計画しているゆうちょ銀行の業務拡大を後押しする自民党内の動きに対して、金融角界からは批判の声が上がっている。

自民党の「郵政事業に関する特命委員会」は今月内にも見直し提言をまとめる。原案には、ゆうちょ銀の預入限度額について9月中に2000万円に、2年後に3000万円までそれぞれ引き上げる方針が盛り込まれている。

全銀協の佐藤会長は、政府の事実上の関与が残る中でゆうちょ銀の預入限度額を引き上げることに、「預金流出など地域の金融システムにじん大な影響を与えかねない」と懸念を表明。その上で「不公正な競争条件の下での引き上げは許すべきではない。従来以上に強く反対していく」と述べた。

第二地銀協の石井会長も会見で「(ゆうちょ銀への)資金シフトが起これば地方創生の支障となる恐れがある」と指摘。ゆうちょ銀が求める地域金融機関との連携については「限度額が引き上げられないことが前提だ」と強調した。

原案には、かんぽ生命保険の契約限度額(現行1300万円)の引き上げも盛り込まれている。これに関し民間生保各社は「当然慎重であるべきだ」(大手生保)と反発し、自民党特命委の幹部らに撤回を求めていく構えだ。

 

ファイナンスマグネイト東京サミット参加及び展示やスポンサーシップへのご参加に関しての詳細は、summit@financemagnates.comまでご連絡ください。





コメントはまだありません.