英賭博委員会、ビットコインは通貨としての取扱 ライセンス要求

by Forex Magnates at 17 June, 2015 カテゴリ: 仮想通貨

gambling

英国の賭博委員会は、ビットコイン取扱企業に対してそれがイギリスの顧客にたいて行われているのであれば、ビットコインを介した取引であっても、ライセンスが必要だと警告した。

東京サミット2015へのご参加をお待ちしております。お申込みはこちらへ

 

「賭博委員会はなぜビットコイン企業に対して通告しているのか?」というタイトルの通知で、国内でサービスを不法に提供する賭博企業に対する懸念を表した。「企業の本拠地に関係なく、賭博のための機能をイギリス国内で提供する場合、ライセンスが必要だ」と指摘した。

通知は多数のビットコインを使用した懸賞や賭博のためのサービスを提供するウェブサイト運営者に対して書かれていることをその中で伝え、次のように述べている。

「ビットコインはお金の価値のカテゴリーに含まれるので、イギリス国内で賭博のための機能を提供するいかなる企業もライセンスが必要で、さもなくば不法行為となる」

property. 声明はまたデジタル通貨の購入や取引所が徴収する取引手数料対して、付加価値税(VAT)を免除している点でビットコインを通貨のように考える英歳入関税庁(HMRC)決定とも一致している。投資家個人がビットコイン投資で得た収益に対する所得税も課税されないことがある。つまり、デジタル通貨の課税措置は資産よりも通貨のそれとほぼ同じなのだ。

他の法域では、政府機関は、それぞれが懸念するエリアによってビットコインの定義は様々である。例えば、アメリカではライセンスに関してはビットコインは通貨として考えられているが、税務上は資産として捉えられ、所得税の対象になっている。

ファイナンスマグネイト東京サミット参加及び展示やスポンサーシップへのご参加に関しての詳細は、summit@financemagnates.comまでご連絡ください。





コメントはまだありません.