スイス税務当局 ビットコインの消費税免除

by Forex Magnates at 16 June, 2015 カテゴリ: 仮想通貨

Swiss-Flag

スイス連邦税務当局は、ビットコインへの消費税(VAT)を適用しないことを決めた。

ビットコインの譲渡には商品の運搬やサービスを構成していないことから、消費税は必要ないということだ。

東京サミット2015へのご参加をお待ちしております。お申込みはこちらへ

 

これにより、ビットコインの購入規模が増加するだけでなく、暗号通貨コミュニティーの中の多数の関係者がビットコインをプロパティではなく、通貨として取り扱う概念が補強されることになるこの決定を賞賛している。 ビットコイン協会スイス会長Luzius Meisser氏は次のようにコメントした。

「これは、付加価値税との関連の中でビットコインを分類するための最も合理的な方法であり、税務行政が我々の見解と一致していることは幸運なことです。ビットコインは通貨であり、また、通貨のように扱われるべきです。」

これによりスイスではビットコインは外貨と同様の扱いがされるため他の規制が適用される。
つまり、ビットコインのようなデジタル通貨は他の外貨と同様に規制されることになり、ビットコインを扱う際には金融機関として銀行業務の登録やマネーロンダリング対策が必要となる。

スペイン、ドイツ、フィンランド、ベルギー、英国を含むヨーロッパの多くの国でも、ビットコインの付加価値税(VAT)を免除している。EUのメンバーではないスイスが独自の原則に基づいて下した今回の決定は、非常に重要な意味がある。

ファイナンスマグネイト東京サミット参加に関する詳細及び、展示やスポンサーシップのチャンスに関しては、summit@financemagnates.comまでご連絡ください。





コメントはまだありません.