新銀行東京・東京TYが統合発表

by Forex Magnates at 12 June, 2015 カテゴリ: 国内総合

imgres

東京TYフィナンシャルグループと新銀行東京は12日、経営統合に向け協議を進めることで基本合意したと発表した。2016年4月の統合を目指す。同日開いた記者会見で東京TYの柿崎昭裕社長は「1行への集約もありうる」として最終的に3行を合併する可能性に言及した。

 

東京サミット2015へのご参加をお待ちしております。お申込みはこちらへ

両社が同日それぞれ開いた取締役会で決め、9月に最終契約を結び、11月に両社が臨時株主総会と種類株主総会を開く。

新銀行東京は2004年、当時の石原慎太郎知事の主導で、都が1000億円を出資して設立。ずさんな融資などで一時経営危機に陥り、08年に都が400億円を追加出資。店舗網を整理するなど経営効率を高め、経営改善を進めてきた。この400億円の行方が今後注目される。

東京TYフィナンシャルグループは東京都民銀行と八千代銀行を傘下に抱えている地銀グループ。東京都が保有する新銀行東京の株式と、東京TYの株式を交換し、新銀行東京が東京TY傘下に入る。これに伴い、都は銀行経営から事実上退くことになる。

 

ファイナンスマグネイト東京サミット参加に関する詳細及び、展示やスポンサーシップのチャンスに関しては、summit@financemagnates.comまでご連絡ください。

 

 





コメントはまだありません.