日本のバイナリーオプション月次取引高わずかに増加

by Forex Magnates at 12 June, 2015 カテゴリ: 国内総合

japanese-flag

金融先物取引業協会(FFAJ)が今日発表した日本バイナリーオプションマーケットデータによると、長く待たれていた取引高と口座数の成長への復帰の兆候が見られる。

 

東京サミット2015へのご参加をお待ちしております。お申込みはこちらへ

 

数字はアジアの巨大経済の中で停滞気味であった市場の2015年5月のわずかな改善を示している。今後数ヶ月の取引状況は、これがバイナリーオプションが復活への曲がり角にきているかどうかにかかっている。

5月の月次取引高は現在日本のバイナリーオプションマーケットで取引を行う8企業合計420億円(3億4060万ドル)で、先月比1%の上昇となった。5月の取引口座数は先月比0.9%上昇し、316,562口座となったが、これは活発な口座の数を押し上げたわけではなかった。

日本のバイナリーオプション市場の昨年比の取引高をみると状況がいかに緊迫しているか、そして同時にいかに成長の余力を残しているかがはっきりとわかる。2015年5月の420億円という数字は、2014年4月の1175億円から急落した先月5月の687億円に比べてもさらに、39%の減少である。詳しい資料はこちらダウンロード可能だ。

 

 

ファイナンスマグネイト東京サミット参加に関する詳細及び、展示やスポンサーシップのチャンスに関しては、summit@financemagnates.comまでご連絡ください。

 





コメントはまだありません.