韓国大手2銀行 東京支店 一部業務停止命令

by Forex Magnates at 11 June, 2015 カテゴリ: その他 | 国内総合
images-1
(写真:WSJより)
韓国大手銀行「ウリバンク」の東京支店で歴代の支店長が融資先からリベートと見られる資金を受け取る等、不適切名融資を行ったとして、金融庁は一部の業務を1ヶ月間停止する命令を下した。
また別の韓国の大手銀行「中小企業銀行」東京支店に対しても、不適切な融資があったとして、業務改善命令を下した。
金融庁によると、2行の東京支店では、歴代の支店長が実質的に権限を超える金額の融資を行った他、ウリバンクでは融資先からリベートと見られる資金を受け取る等して、不適切な融資が行われていたということだ。
このため、金融庁は内部管理体制の問題を指摘し、ウリ銀行に対しては、今月17日から一ヶ月間、新規の取引業務を停止する命令を下すとともに、中小企業銀行の東京支店に対しては、管理体制の整備を求める業務改善命令を出した。
去年の8月にも韓国の大手銀行国民銀行の東京支店でも、歴代の支店長が不適切な融資を繰り返したとして、一部の業務を停止する命令をだしていた。

ファイナンスマグネイト東京サミット参加に関する詳細及び、展示やスポンサーシップのチャンスに関しては、summit@financemagnates.comまでご連絡ください。

東京サミット2015へのご参加をお待ちしております。お申込みはこちらへ





コメントはまだありません.