テニス選手アンディ・マレーがクラウドファウンディングSeedrsの広告塔に

by Forex Magnates at 8 June, 2015 カテゴリ: 世界FX取引業者動向 | 海外業者

Us-Open

ブローカーや銀行はスポーツクラブやレーシングチームとパートナーを組むことで知られてきた。クラウドファウンディングプラットフォームはどうだろうか?この部門ではまだ初期に過ぎないが、これまでのところ、クラウンドファウンディング企業はチームよりもアスリート個人とパートナーシップを組むことを好んでいるようだ。

最近の例ではSeedrsがイギリスとスコット生まれのテニスプレーヤー、アンディ・マレーと戦略的パートナーシップを組むことを発表した。エクティークラウドファウンディングプラットフォームを運営するSeedrsはマレーとの提携でイギリス国内と国外の両方においてのブランド成長を図りたい意向だ。ブランド認知度の向上に加えて、マレーは独自の健康やスポーツ、装着可能なテクノロジーなどの異なるセクターについてのアドバイスをSeedrsに提供することを期待されている。Seedrsによると、マレーはまた、プラットフォームにおいてエクティークラウドファウンディングに投資、参加する予定だという。

今回の提携は大物スポーツアスリートが広告塔として、エクティークラウドファウンディングプラットフォームに参加する最初のケースとなる。しかし過去には、アスリートはクラウドファウンディングキャンペーンの投資家として個人として広告塔の役割を果たしたことはある。

Seedrsによると、マレーとのつながりは、彼が個人的にいくつかの案件に投資したことから始まった。これがSeedrsがマレーにビジネス関係の構築についてコンタクトを取り始めたきっかけとなり、戦略的パートナーシップ締結に繋がった。

マレーはSeedrsを通して発表したコメントの中で、「投資にはいつも興味を持っていた。イギリスのスタートアップをこのような形で応援できることは私にとっても非常に喜ばしいことです」と語り、Seedrsについては、様々なプラットフォームを見たあとに選択したことを付け加えた。

東京サミット2015へのご参加をお待ちしております。お申込みはこちらへ





コメントはまだありません.