Bitfinex ハッキング被害のあと、BitGo Multisig ウォレットを採用

by Forex Magnates at 4 June, 2015 カテゴリ: 仮想通貨 | 金融 テクノロジー

Bitgo-cutout

ビットコイン取引所BitfinexはBitGoのマルチシグネチャーウォレットを採用する取引所の中でハッキング被害の教訓を学んだ2番目の取引所となった。

Bitfinexは今年年初に50万ドルのハッキングによる被害を報告し、その後、BitGoのソリューションを導入したアメリカドルビットコイン取引所Bitstampの後を追う形となった。

マルチシグネチャーをレットは取引に署名するために、一つより多くの秘密鍵を必要とし、攻撃される可能性を大幅に減らしている。Multising対応はBitGoなどが取り入れおり、これまでのところ感染は受けていない。Multising対応は業界で標準となってきており、多くの取引所で導入されるようになってきた。

Multisingに加えて、BitGoソリューションはそ一つのバスケットに幾つかのエッグをおくことで、れぞれの顧客の資金を分離する。伝統的にトレーディング業界のブローカーは仮想通貨かそうでないかにかかわらず、顧客の資金を一括して保管してきた。

BitGoのスキームでは、あらゆる顧客のアカウントへの送金やアカウントからの送金に対して、必ずブロックチェーン上に埋め込むことを必須としており、追跡可能性を高めている。Bitfinexのコミュニティー&プロダクト部長Zane Tackett氏は次のように語った。

「顧客のビットコインを混合し、それに関連してセキュリティー上にも支障が出る時代は終わった取引業界ではセキュリティーを犠牲にすることなく検証できる個々の独立したアカウントを長年求めていた。BitGoのマルチシグネチャー技術の助けで、Bitfinexチームは”ブロックチェーン上”カスタマー分離ウォレットを用いて、自動ビットコイン決済を行う世界初の取引所となることを非常にワクワクしている。」

Bitfinex は過去30日間の取引高発表によると、世界最大のアメリカドルビットコイン取引高を誇る取引所となっている。

東京サミット2015へのご参加をお待ちしております。お申込みはこちらへ





コメントはまだありません.