ステラ開発財団が新たな国際送金手段について国連会議で講演

by Forex Magnates at 3 June, 2015 カテゴリ: 仮想通貨 | 金融 テクノロジー


Stellar

ステラ開発財団のジェイスキムは国連と世界銀行が主催する会議において、「持続可能な開発資金調達のために馴化移住、送金とディアスポラ貢献」について講演を行った。

2014年には、送金市場は約5820ドル、トランザクションごとの平均7.72%、送金手数料は約440ドルに達した。

ステラ開発財団ジョイスキムは以下のように述べた。

「高い手数料の主な原因は摩擦ー(お金は国から他国にゆっくりと非効率的に移動します)です。金融機関とのシステム間の限られた接続のため、お金を転送することは高価である。現在、私たちは一緒にサイロ化期間を結ぶ安価かつシームレスにお金を移動するためのニューラルネットワークを持っていません。しかし、私たちは持っていたとしても、信頼性が高く、正直な個人所有のネットワークを信頼できるでしょうか?」

さらに、ステラが中立に取り組む非営利団体として、正確に測定可能な取引手数料を削減、金融機関や国家観のお金の動きをスムーズにできるユニバーサルネットワークを提供していることを伝えた。送金残すとを削減し、世界の貧困、触媒するさらなる経済成長のポケットに数十億億ドルを返すことができることを伝えた。

アフリカを拠点とするビットペサのエイミーもプレゼンテーションを行い、ビットペサは、ブロックチェーンテクノロジーを使用して、送金コスト、時間を低減することが可能としたこと、ケニアを中心として展開していることを伝えた。

国連の会議でステラやビットペサがプレゼンテーションをしたことは仮想通過の発展を加速させる要因になるとみられる。

東京サミット2015へのご参加をお待ちしております。お申込みはこちらへ





コメントはまだありません.