モスクワ証券取引所 FX市場のマージンレート引き下げ

moscow-exchange880x400-880x400

モスクワ証券取引所は昨晩、2015年6月8日付けで、FX、株式、長期債や金融派生商品に対する新しい最小イニシャル・マージン要求を削減することを発表した。

FXマーケットはイニシャル・マージンレートを11%から9%に引き下げる。株式及び長期債マーケットレートはほとんどの流動性株式に対して18%から15%に引き下げる。OFZの要求は1から5パーセンテージの間で引き下げられる。最小イニシャル・マージン要求はUSD/RUB先物に対しては9%、RTS指数先物に対しては10%、MICEX指数先物に対しては10%が設定される予定である。

モスクワ証券取引所によると、ロシアの金融市場が安定を続けているため、徐々にマージンレートを引き下げるという。取引所は直近では、2015年4月1日にマージンを引き下げている。

最小イニシャル・マージンはルーブルの交換レートとロシアの証券市場の乱高下に反応して、2014年12月に引き上げられた。

東京サミット2015へのご参加をお待ちしております。お申込みはこちらへ





コメントはまだありません.