ニュースとデータに関する面白い事実

by Forex Magnates at 1 June, 2015 カテゴリ: その他 | 海外その他

Photo: Bloomberg

トレーダーと投資家は現在、情報過多に悩んでいる。20年前、3つの主要なニュースワイヤーが一日3万ほどのニュースを提供していた。今日Facebookだけでも一日100TB(約100兆バイト)の情報がアップロードされる。どういうわけか、金融市場参加者はマーケットの敏感な情報に素早くシフト、分析、反応するためにこの情報肥満状態を乗り越える道を見つけなくてはいけなくなっている。これができなければ、あまりに頻繁にマーケットの間違った方向に向かってしまう。読者がそれぞれのスコープに筋道を通す手助けとなるニュースとデータに関する興味深い10の事実がある。

  1. おおよそ、2000万のニュースが一日にウェブサイト上にアップされている。
  2. 約5億のツイートが一日に発信されている。
  3. 大手3社、ロイター、ブルームバーグ、ウォールストリートジャーナルは約30,000の記事を一日に発行している。
  4. 人々は機器を使ってニュースを読むため、手動でニュース記事に反応するチャンスを持たない。
  5. ニュース分析(感情分析)は、情報過多、つまり膨大な情報を消費しようとする問題を切り抜けるため自然言語処理(NLP)及び、機械学習を活用することである。
  6. ニュース分析は2000年から2009年のメディアをモニタリングしたことに始まる。初めてヘッジファンドがニュース分析を用いたのはわずか数年前のことなのだ。
  7. NLPを用いたテキスト分析は今や言語解読(google 翻訳)、ホテルレビュー(トリップアドバイザー)に用いられ、警察が犯罪スポットを理解したり(NYP)、さらにはリビア戦争で、NATOが地上にほとんど資産を持たなかったときにも活用されている。
  8. 将来は、機械学習を活用したテキストに関連付けられる方法が用いられるだろう。メディア学習を通して、発生しそうな価値の相互関係を即座に理解できるようになることを想像してみてほしい。
  9. 間もなく、言語の壁は完全に崩されるだろう。生徒はもはや外国語を学ばなくなるだろう。グーグルがGoogle voice boxを通して、あなたのかわりにやってくれるようになる。
  10. データは将来の株を買い込むための最先端通貨である。

 

東京サミット2015へのご参加をお待ちしております。お申込みはこちらへ





コメントはまだありません.