ギリシャ関連の取引

by Forex Magnates at 29 May, 2015 カテゴリ: その他 | 海外その他

Greeceあなたはギリシャが困難な状況であることは知っているだろう。これまでにこれについてのドラマを耳にするのが私のように飽きてしまっているかもしれない。要約すると、ドラチマの底辺で生活しているとしたら、それはつまり、ギリシャの新しい急進派の政府がIMFと他のローンを返済することをやめる圧力下にあるということだ。

これはギリシャが膨大なユーロを様々な機関から借り入れたことがきっかけになっている。実際の額は3230億ユーロだ。これはGDPの175%にあたる。つまり、ギリシャは国内のあらゆる商品やサービスの価値を1年かけてすべて借金返済にあてたとしても、まだ、1300億ユーロの借金が残り、すべての人々が死に直面するだろう。これは、可能な解決策ではない。

(ところで、日本はGDPよりも高い借金がある唯一の国だー250%のあたりだろう。しかし、何等かの理由で、だれもこれを気にかけない。)

この危機をどうやりくりすればよいのか?

まず、ギリシャがユーロ圏を脱退すると仮定しよう。次に、アメリカ経済が“テレビ経済学者”のように悪くてもまだユーロ圏よりよいと仮定しよう。ミシシッピを除いては。ミシシッピはかなりひどい状態だ。(http://www.bls.gov/eag/eag.ms.htm)

3番目に、EUR/USDのような主要通貨ペアーの過去のサポート、レジデンスとと同じレベルに設定しよう。

Photo: RobBooker.com

過去においては、1.0600 と 1.1200がEUR/USDが回転もしくは、ひっくり返るレベルだ。これらは単にサポート、レジスタンスレベルで、取引する素晴らしいエリアだ。妄想したトレーダーがヨーロッパでのよいニュースの影響で、競り上げた場合、これらのレベルで実際に売りを行います。

もし、EUR/USDが決してこのレベルまで上がらなければ、私は取引をしないだろう、しかし、またランダムな価格で取引をすることもない。つまり、待って観察するということだ。

免責条項:これは取引の推奨ではない。損失を負担できないお金で取引をするべきではない。多くのトレーダーは酔っぱらった猿のように賭け事を行い、すべてのアカウントを失う。

Robのメール更新情報を受け取るには、こちらから。 robbooker.com

東京サミット2015へのご参加をお待ちしております。お申込みはこちらへ

 





コメントはまだありません.