自分のブローカーが売られたら、アカウントに何がおきる?

by Forex Magnates at 27 May, 2015 カテゴリ: その他 | 各国FX規制関連 | 海外FX規制関連

Tradingたとえ、ブローカーがそうでなかったとしても、アカウントは生き続ける。もしブローカーが他のブローカーに売られたとしても、何も問題はないか、心配する必要がない。ただ残念なことに、自分のアカウントが他のブローカーに売られる前にアカウントを変更できればよかっただろう。

ブローカーが売られる主な理由はたくさんの顧客がいたが、規制問題がたくさんある場合である。これらの問題は違法行為を含む場合とそうでない場合がある。不法行為に携わったブローカーは閉鎖されるため、あなたのアカウントが売られることはない。さもなければ、倒産して、あなたには(非常にまれではあるが)いくらかのお金が戻ってくることもある。他には、規制問題はあなたのブローカーがNFAかCTFCから目をつけられている場合がある。彼らは何も間違ったことはしていないが、ただターゲットとなっているだけである。

規制機関は肉食動物が市場で子供を探すかのように規制を追及している。少し辛辣であったか。しかし、時にブローカー達はあなたのブローカーの幹部の血を少し飲みたいに過ぎない。これは完全に自然な感情ある。コウモリの場合。

東京サミット2015へのご参加をお待ちしております。お申込みはこちらへ





コメントはまだありません.