脳科学がいかにセールスと収益を向上させるか?

by Forex Magnates at 26 May, 2015 カテゴリ: その他 | 海外総合

Neuromarketing Brain顧客の中へと魔法の旅ができると想像してみましょう。彼らの考え方、価値観、新年を見ることができ、彼らの記憶、恐怖や願望を垣間見ることができます。潜在意識の奥底まで到達すると、彼らがどのように決定を下すかまで知ることができます。彼らがどのように考えるかを発見できれば、あなたが望むものを何でも簡単に売ることができます。すごいことだと思いませんか?ニューロマーケティングはマーケティングと脳科学が出会う場所であり、現代マーケティングの魅力的なツールの一つです。マーケティング担当者が顧客が”購入ボタン”へと向かわせる方法を学んだとき、セールスは結果的に飛躍的に向上させることが可能です。

過去2年以上私はFXとバイナリーオプションマーケットリーダーたちと協力して、彼らが劇的にセールスと売上を伸ばすことに成功してきました。両業界はとても競争が激しく、困難だがやりがいがあり、だからこそ、ニューロマーケティングを導入することは成功に強く密接につながります。ジョン・ロックフェラーの言葉を引用します。「最高のものを得るために、良いものを諦める事をためらってはいけない」。以下のステップはあなたが困難で成長するマーケットにおいて成功するために手助けとなるでしょう。

グーグル勤務で学んだこと

私はグーグルに9年間勤務し、基調講演は元グーグルの顔であり、現米YahooCEOマリッサ メイヤー氏が行う注目度の高いイベントを開催しました。基調講演は、グーグルサーチが顧客の体験をより向上させるための役割についてでした。彼女のレクチャーは見事で、期待以上のインスピレーションに満ちていました。彼女は現代技術とマーケティングのいくつかの秘密を明かし、グーグルが大衆の知恵をどのように活かし、世界の最も大きな力の一つになったかを説明しました。そして、グーグルがいかに幅広い研究とテスト、最適化のプロセスに投資しているかを伝えました

メイヤー氏の成功ストーリーの一つは彼女のチームがユーザーがグーグルの広告をより多くクリックするためのブルーティントを発見したことについてでした。彼女は彼女のチームはそれぞれの広告を異なる青みを用いて作成していたことを説明した。グーグルは最もインパクトのある特別な青みが見つかるまで、何百万のユーザーに異なる色味の広告を表示した。メイヤー氏のメッセージはわかりやすい。「現代のマーケットは科学になってきていて、マーケティング担当者はリサーチ、テスト、最適化、そして最も大切なものとして大衆の知恵をどのように活用するかを学ばなくてはいけない。」

Marissa Mayer (Photo: Bloomberg)

マリッサ メイヤー氏(Photo: Bloomberg)

言葉の芸術

私はマーケティングの科学に魅了され心を奪われました。私は幸運だわ!グーグルで働くことは、地球上のどこよりも上質なリサーチとデータにアクセスできることを意味します。グーグルではあなたが望むどんな本やリサーチ学習もオーダーすることができます。私は大量の異なるレベルのマーケティング材料と事例の巨大な図書館の力に埋もれていました。何年間も私は人間の脳に関する本や記事を読みました。私は脳がどのように働き、人がどのように決定を下すかを知りたかったのです。

私が最も好きな本は、心理学の研究と人間の判断と意思決定に関する研究を経済学に統合したことでノーベル経済学賞を受賞したダニエル・カーネマン氏の“Thinking, Fast and Slow”。ダニエル・カーネマン氏はマーケティングに応用できる魅力的な考え方を伝えています。例えば”バナナとゲロ”効果。人々がバナナとゲロという文字を見るとき、好ましくないイメージや記憶を連想します。誰かが顔をしかめ、気持ち悪くて、心拍数が高まっているようなシーンである。これは完全に制御を超えた自動的な人間の反応です。ここに、美味しくて、たいていの人が好きなトロピカルフルーツを表す言葉と病気や二日酔い、吐き気を表す言葉の二つのがあります。

私たちの脳は、これら二つの言葉をつなげロジックを作るように設計されています。そして、バナナにさえ、たとえ一時的であってもネガティブな感情を結び付けるのです。マーケティングとセールスの話になると、“バナナとゲロ”効果をいかに防ぐかを学ぶことは非常に大切です。そのもっともよい方法はあらゆるシナリオで使われるあらゆる言葉に注意を払い、真剣に考えることです。スティーブ・ジョブズはAppleのマーケティングコミュニケーションに現れるすべての言葉とメッセージを仕立てるのに長時間を費やしています。ジョブズはセールスと収益を向上させる最も効果的なメッセージ、色、イメージ、音を見つけることにこだわっていました。

現代マーケティングの失われた機会

eMarketerによると、最近の研究は顧客の経験とデータがアメリカのデジタルマーケターの間で今年の最重要項目であることを示しています。

しかし、難題はより高いレートとセールスにつながる顧客経験の向上のためには、どんなデータをまず分析するべきものなのか?ということです。

マーケティング担当者は数字と統計に圧倒されるでしょう。無数の経路と方法があり、最高マーケティング責任者と最高経営責任者は何が大切なのかを分析することを非常に困難にしています。FXとバイナリーオプション業界のマーケットリーダーたちでさえ、この無数の結果の中で、方向性を見つけることが困難を感じることが多々あります。大切なのは、脳の中での購入プロセスの初めと終わりを理解することで、ほとんどの場合、我々の意思決定はよい感情の経験に結びついているのです。何かに対してよい感情をもったとき、人生のあらゆる面でその方向に向かうのです。世界で最も価値の高いブランドの一つであるコカ・コーラはコンセプトのチャンピョンです。会社のスローガンの展開はいかにセールスが人々によい感情を抱かせることと関係しているかを示しています。“コカコーラを飲もう”の直接的なメッセージで1896年にスタートし、2009年には“幸せを開こう”に変更しました。

 “Yes We Can”

2008年、オバマは大統領選での“Yes We Can”は見事でした。これはいかに人々を“購入ボタン”に進ませるか、いかに言葉を使い、レートと収益を向上させるかを証明しました。グーグルでかつて活躍した人物率いるオバマ氏の電子チームはオバマ氏の歴史的勝利に貢献しました。あるテストで、彼らはアクションボタンの呼び出し方を変えただけで、劇的に寄付を集めることに成功しました。5つの異なるメッセージが試されました。“さあ寄付しよう”、“寄付してください”、“どうして寄付するのか”、“寄付をしてギフトをもらおう”、“貢献する”。読み進める前に、どれが最も効果的か考えてみてください。

たいていの人は“さあ寄付しよう”や“寄付をしてギフトをもらおう”がよりよい結果を生むと考えるのではないでしょうか。しかしこれは間違っていました。調査結果は“貢献する”が最も効果的な言葉であることを示して、18%以上も数字を向上させたのです。どうして“貢献する”が他の残りに比べてよい結果が出たのでしょうか?主に二つの理由があります。一つは、これが人々を驚かせ、注意をひくこと、二つ目はこれが感情的な言葉であり、寄付に対するよい感情を作るからです。つながっていると感じさせることができ、寄付をしたとき、貢献者となることができます。そして、人々により大きな何かの一部であるという感情を引き起こします。単にお金の問題ではなく、価値や信念に関わる問題となるのです。

今すぐすること

ターゲットの顧客について考える時間を持ち、それぞれのステップ、マーケティング経路でどんな言葉を使うべきか問いかけてみてください。“バナナとゲロ”効果を引き起こす言葉やフレーズを見つけることができますか?どうしたら、あなたのブランドに対する顧客の見方をよりよく、より効果的に変える方法が見つかるでしょうか?

東京サミット2015へのご参加をお待ちしております。お申込みはこちらへ





コメントはまだありません.