大手銀行 FX市場不正操作に関するより多くの規制に直面する可能性

Dollar_Red_Gradient

Financial Timesで引用されていた情報源によると、外国市場調査は、これまでも大手銀行のバランスシートを悩ませてきたが、次の四半期も悩ませるであろうことを示唆していた。新聞上の情報によるとアメリカ金融サービス局(DFS)はFX市場不正操作調査を続けるとのことだ。

当局の調査結果は以前に想定されたより多くの不正を明らかにする可能性がある。アメリカ金融サービス局は、電子外国為替市場の不正操作に傾倒している。バクレイズやドイツ銀行によって使われていたトレーディングプラットフォームは精査され、アメリカ当局はBNPパリバ、クレディ・スイス、ゴールドマン・サックス、ソシエテ・ジェネラルからの協力も要請している。

調査機関が不正を証明できれば、業界の不正には終止符が打たれ、電子市場は不正操作がより一段と難しくなる。もし、これが実際に現実となる可能性が存在すれば、これは市場の劇的再構成につながる可能性がある。

新しい外国為替市場のデザインに関するうわさは広がっており、多くの取引所がすでに参加を確約している。BATS Global Marketsはその中でKCGのホットスポットを買い入れたことで論争に一番最近参加した大手取引所である。

ナスダック、CMEグループ、Eurexはすでにそのスペースに飛び込み、大手取引所が外国為替市場の中で、その設備としての役割を果たすこと、10年以上前にある程度の成功を収めた株式市場の改革を後押ししている。

東京サミット2015へのご参加をお待ちしております。お申込みはこちらへ

 





コメントはまだありません.