FRB議長発言でドル7年半ぶりの高値

by Forex Magnates at 25 May, 2015 カテゴリ: 小売外国為替 | 海外

22日、米連邦準備理事会(FRB)のイエレン議長が、米ロードアイランド州で講演し、「年内でのある時点で利上げの最初の段階に進むのが適切だ」と述べた。 このイエレン議長の年内利上げへのコメントによって、ドル買いが強まっている。

ドル・円は1ドル=121円台半ばから一時121円77銭レベルに上昇。イエレン議長は、今年初めのアメリカの景気減退は一時的なものとして、今後の回復に自信を見せた。しかし、利上げ開始後の引き締めペースは「緩やかになるだろう」と指摘。同日発表されたアメリカ消費者物価指数(CPI)は3カ月連続で上昇し、特にエネルギーと食品を除くコアのCPIの伸びが強まった。

 

東京サミット2015へのご参加をお待ちしております。お申込みはこちらへ





コメントはまだありません.