Plus500の株価暴落

by Forex Magnates at 23 May, 2015 カテゴリ: 世界FX取引業者動向 | 海外FX規制関連 | 海外業者

Plus500_WoodenPlus500の株価暴落が止まらない。先週のイギリス顧客の多くの取引を凍結した新しいコンプライアンスルールの施行のニュースに続き、株価は700ペンスから400ペンスレベルへと下落、その後、380ペンスをわずかに上回る価格となった。

今日は、380ペンスレベルに暴落したことで、さらなる売りを誘発した。下のチャートからわかるように、一度350ペンスになった後は暴落、流動性資産の不足にまで落ち込んだ。その後300ペンスから227ペンスまで下落。少し前、ロンドン取引所のplus500の取引値は275ペンスであった。

plus500 may22

Plus 500株価 5月22日(ソースGoogle Finance)

その株価下降の初期に、Plus500の株価は価値重視のファンドOdeyAsset Managementに買われ、Odeyは所有株を増やした。しかし、他の機関は売りに回り、JP Morganもこの動きの中で売り手となっていることがリポートされている。

plus500はまた、ゴッサムシティリサーチとケーブルカーキャピタルの研究の対象になっている。負の研究はplus500の二つの側面にフォーカスを当てている。アカウントを凍結された顧客と金融不正についてである。ゴッサムシティーは、この企業は未提出の書類により、顧客の口座を凍結したあと、イギリスの顧客を引き留めることができるのどうかは懐疑的であると指摘する。ケーブルカーキャピタルはまた2014年の年次報告から、Plus500の収益の50%を占めるイギリスでの事業の優先ファイルが増えていないことを感知している。

東京サミット2015へのご参加をお待ちしております。お申込みはこちらへ

 

 

 

 





コメントはまだありません.