新浪微博(Sina Weibo)予測収益を上回るが、 悪循環は抜け出せず

by Forex Magnates at 23 May, 2015 カテゴリ: 中国ウォッチ | 海外総合

(Photo: Bloomberg)中国版ツイッタ―Weiboで知られるSINA(新浪)社は投資家の関心を引き付ける長期的ゲームプランを持っているのか。

SINA社は最近苦戦していたので、先週木曜日に発表された予測をわずかにであっても、上回る利益を見るのはいいことだ。SINA社は前年比8.8%増の1億8200万ドルの収益を発表した。予測は182万ドル1株当たりの利益(EPS)は0.04$、予測を0.05$上回った。しかし、この予測以上の利益にもかかわらず、SINA社の株価はこの発表の後、3.5$下落。何があったのか。

コアビジネスの悪化

SINA社の前広告収入は前年より11%増加、しかし、これは、過半数所有会社、Weiboの広告収入の43%増によってもたらされており、闇に、SINA社そのもののコアビジネスの4半期での後退を示している。SINA社は「現在、我々の古いビジネスを改良し、ビジネスモデルを多様化するための移行の時期を経験している。」

さらに、ブランドは広告費をトランザクションベースの広告費へと移行させており、SINA社の将来の収益成長をさらに予測しにくくしている。これがSINA社が次の4半期への予測を発表しなかった理由だろう。

Weiboは急激な変化に苦戦?

ある意味では、Weiboは好調に見える。月間アクティブユーザー(MAU)前期比13%成長し、前年比38%成長し、1億9800万人となった。広告費は53%増加している。しかし、マイクロブログウェブサイトは2015年第2四半期の収益を1億1140万ドルの予測に対し、1億200万ドルから1億500万ドルとの見通しを発表した。しかしまた、この数字はアリババとのイニシアチブによっても変わるだろう。これらは、投資家が特に類似のビジネスモデルであるツイッタ―を考慮にいれ、Weiboの未来を心配させる要因となっている。

Weiboはまた中国のテンセントがバックにつくWechatとの激しい競争にも直面している。Wechatが親会社を通してより多くのりーソースにアクセスできることを考えると、これはWeiboにとって好ましくない結末となる。さらに、SINA社の広告収入の半分以上を占めるWeiboのアカウントを考慮に入れると、これもまた、SINA社の未来にとって好ましいことではない。これは好調な状態とはいえず、投資家もそれに気づいている。

長期的展望

Zackによると、SINA社は投資家の興味を引き付け 長期的ゲームプランを持っているという。SINA社は現在、そのコアビジネスのフォーカスをより携帯に移し、収益いベースの多様化のための再構築を行っているので、近未来の最終的な収益に影響を与えることは期待できない。

しかし、「我々なSINA社は製品開発にあたっての強い製品パイプラインと投資があり、マーケティングは有望である。また、e-コマースとWeiboのユーザーは強力であるだろう。」

結論

現状では、SINAは短期的投資にはよくない。長期的投資にはいくらかの約束が示されているが、企業はしばらく衰退しており主にWeiboによって持ち上げられている。もし、経営陣がここから何らかの大きな前進を遂げることができなければ、“強い製品パイプライン”が大きく前途に変化をもたらすことは疑わしい。さらに、Weiboが置かれている競争環境を考えると、SINAが抱える現実問題から投資家の目をそらすための十分な安定成長を続けることができるかどうかは断言しがたいというのが現状である。

東京サミット2015へのご参加をお待ちしております。お申込みはこちらへ

 





コメントはまだありません.