GemとEllipticが共同マルチシグネチャビットコインウォレット提供

by Forex Magnates at 22 May, 2015 カテゴリ: 仮想通貨 | 海外 | 金融 テクノロジー

handshake

GemとEllipticが共同マルチシグネチャビットコインウォレットソリューションを提供するためにパートナーシップ提携。

それぞれが一つの秘密キーを持つ。顧客は第三のキーを持つ。マルチシグネチャーウォレットは3つのうち2つの秘密鍵があれば取引可能です。典型的に顧客は秘密鍵の二つを持っていて、管理人が三つめの鍵をバックアップとして持っている。新しいスキームはさらにファンドのセキュリティーを分散させ、どの個人または機関も完全なコントロールをすることはできない。

ウェブサイトによれば、Gemはビットコインのアプリケーションディベロッパーに構築前の古スタック ビットコインAPIを提供し、マルチシグネチャーウォレットとセキュリティー機能を提供する。この方法で、ディベロッパーはアプリケーション独自の構成部品のみに集中することができ、と数行のコードのみで完成する可能性がある。

さらに、“豊かなインフラ”を構築でき、ディベロッパーが100%稼働できるようにしているという。最近、このスタートアップはマルチシグネチャーウォレットのAPIをリリースし、それは、最近決済セキュリティープロバイダーThales e-Securityのハードウェアセキュリティーモジュール(HSMs)の追加によってさらに強化された。

Ellipticはビットコインのための“ディープコールドストーレージ”voultソリューションを提供し、オフラインのままハッカーの侵入を防ぎ、防護のためのさらなる方法を取り入れていた。それは、保有高の保険補償があり今年初めにはKPMGのレビューの後、ISAE3402認定を取得した。

この新しいスキームの付加価値の一つは、顧客が秘密鍵をなくした場合にある。GemとEllipticは自分たちの秘密鍵を使ってファンドを新しいアカウントに流し、彼らはそこからまた新たに取引ができるようになる。

東京サミット2015へのご参加をお待ちしております。お申込みはこちらへ





コメントはまだありません.