ビットコインATMプロバイダーがコネクサス社と合併

by Forex Magnates at 20 May, 2015 カテゴリ: 仮想通貨 | 海外 | 海外業者

Bitcoinアメリカネバダ州に拠点を置くビットコインのATMを運営しているビットコインダイレクトはコネクサス・キャトル社との合併調整に入った。

コネクサス社は南アメリカを運営の拠点に肉牛生産に携わってきた。OTCマーケットでトレードされ、それぞれの株価は現在0.004ドル、企業価値はおよそ53,500ドルである。

この調整により、コネクサス社が、コネクサスシリーズHの優先株の500株と交換にビットコインダイレクトの51%を取得し、50,000ドルの価値でのスタートとなった。コネクサスはまた、運営収益を維持するために300,000ドルの信用供与をビットコインダイレクトに提供した。もう一つの項目はビットコインダイレクトが向こう5年間で250,000ドルで10%の株を再購入できることを許している。

ビットコインダイレクトはニューヨークとモントリオールでATMを運営し、他の地域へ事業を拡大しようと計画していた。

合併はもう一つのビットコイン企業を公式取引段階に持ち込んでいる。今年のいくつかのこのような動きは、業界の主な流れの中で歓迎の目で見られている。

東京サミット2015へのご参加をお待ちしております。お申込みはこちらへ





コメントはまだありません.