ホンジュラス政府、Factom社と共同で、ブロックチェーンを使った地権管理システムトライアル

factomホンジュラス政府はブロックチェーンテクノロジースタートアップのFactom社と共同で、政府の土地権利記録管理の新しい方法について動いていると伝えた。

ホンジュラス政府は800万人の人口を有する中央アメリカに位置する貧困国だ。2008年から政府の借金が4倍以上になっている一方、1人あたりのGDPは世界最下位にランクされている。世界で最も殺人事件率が高く、アメリカへの主要ドラッグルートの一つでもある。政府の土地登録管理もまた混乱している。Factom社トップのPeter Kirby氏はロイターに伝えた。

“過去には、ホジュラス政府は地権について苦戦してきた。国のデーターベースがハッキングに遭い、官僚はその中に入ることができ、自分たちのために海辺の物件を取得することができた。”

もう一つの権原ソフトウェアに力をいれているブロックチェーンテクノロジースタートアップEpigraphoと強力すれば、ベンチャーは所有者の記録が改ざんできないように永久に記録を刻印することが可能になるだろう。

Kirbyはより安全な保証、契約、鉱物権利がそれに続いて可能になる。さらに、全体の約60%を占める書類に記載のない土地の所有者は現在、不動産登録を推奨されていると伝えた。

Factom社は企業や政府がブロックチェーンを様々な対象に対する記録管理の方法として使うことを手助けすることに力を入れているスタートアップである。このプロジェクトの経済的詳細については触れていない。最終目的は年末を完了目標にすべての権原をブロックチェーンに記録することである。

以前ビットコインの安全な避難場所と想定されていたマン島の政府もまた、行政上の目的でのブロックチェーンテクノロジに関心を持っていると伝えた。経済大国として名を連ねる政府や、最近ではナスダックもテクノロジーの活用を調査している。

東京サミット2015へのご参加をお待ちしております。お申込みはこちらへ





コメントはまだありません.