Xapo社本部をスイスに移転

by Forex Magnates at 17 May, 2015 カテゴリ: 仮想通貨 | 海外 | 海外業者

Xapoビットコイン財布と決済カードサービスを提供するXapo社が本部のスイスのチューリッヒ移転を発表した。

この理由は顧客の希望に基づいて、運営の拠点をセキュリティーの基盤に近付けるため。Xapo社の注意の下に置かれるビットコインは、以前 “電波をブロックするファラデー箱の中に格納され、軍事目的で使えるほど優れたセキュリティー管理の下に強化された地下貯蔵庫に保護されている” と描写された、コールドストーレージValtsの中に保管されている。

Xapo社はそのセキュリティーの厳重さを強調していて、先にはマルチシグネチャー技術の活用とインフラの一部にみられる協力関係の締結を発表していた。フィッシング詐欺やソーシャルエンジニアリングによる強盗を防ぐためさらなるセキュリティープロトコルの導入についても触れた。時にビッドコインを扱うビジネスで用いられるセキュリティーストラテジーはその場しのぎで、法定の世界に類似させただけの不適切なものであることも指摘。

“大規模の機関が何百万ドルも現金で所持することが想像できないのに、今日多くの企業はビッドコインに関して未だに紙の財布や印刷されたバックアップであるかのように、安全でない保管技術と類似のやり方に従っている。”

Xapoはまた、その選択の理由としてスイスの永世中立国としての立場や世界金融センターとしてのチューリーッヒの地位に触れた。カリフォルニアのパルアルトでは小規模に継続する予定である。

東京サミット2015へのご参加をお待ちしております。お申込みはこちらへ

 





コメントはまだありません.