過剰広告によるGBTC株価高騰が公正価格に向かって押し戻し

by Forex Magnates at 17 May, 2015 カテゴリ: 世界FX取引業者動向 | 仮想通貨 | 海外業者

Generic_Graph_1Red_880x400 copy

新規株式の過剰宣伝が消え始めたことで、GBTCとしてOTCマーケットで取引されているBitcoin Investment Trust(BIT)の株価は校正価格に押し戻されている。

この四半期に取引を承認されたGBTCの株式は2週間前に最初にビットコインと連動する投資信託として為替取引がはじまった。一株あたり、0.1ビットコインを意味し、現在のビットコイン価格に基づき、おおよそ24ドルの公正価格となっている。

初期において投資家達は新規株を手にするために、高いプレミアムを積極的に払う姿勢が見られた。2週間のほとんどにおいて、50ドル近い値が付けられ、100%プレミアムとなった。いくつかのリポートではGBTCの“異常値データ”に基づいてさらに高額プレミアムを示しているものもあった。中には今後のビットコイン価格の急騰を視野にいれ、規制株式の価格は“安い”と見る投資家もいる。

しかし、現在GBTC価格は開始から一番低い水準に落ちていて、金曜最終取引価格は38ドルであった。いまだに58%プレミアムであるが、特により多様な投資家が取引をはじめたことにより、初期の過大な宣伝は消え始めている。

東京サミット2015へのご参加をお待ちしております。お申込みはこちらへ

 





コメントはまだありません.