負けるのをやめ、勝ち始めよう!Part1:教育とトレーディングプラン

by Forex Magnates at 13 May, 2015 カテゴリ: FX取引サービス | その他 | 取引システム

(Photo: Bloomberg)トレードはビジネスであり、ビジネスとしてアプローチしなくてはいけない。私の意見では、トレーダーとして成功するにはたった一つの道しかなく、失敗するには多くの道がある。スただトラテジーを学ぶよりもっと大切なことがトレーディングにはある。もちろん、あなたに利益をもたらす勝算があるストラテジーを持つことは必要だが、ストラテジーのみではトレーダーとして成功することはできない。あなたに必要なのは、構想とトレーダーとして成長する着実なステップだ。そのプロセスを始められるようになるには、正しい教育を受ける必要がある。その教育とは、以下の2つから構成されるべきだ。

1、いかに市場を読みとくか。

2、トレーディングのプロセス

如何に市場を正確に読むかを知ることが重要なのは、一度それを学んでしまえば、市場の中でどこに最も勝算があるかを認識することができるようになるからだ。一度、どこに最も勝算があるかがわかれば、あとは、これらの勝算を活用するストラテジーを発展させるだけでよい。もし、ストラテジーを学んだのみでは、あなたには限界があるということだ。これは一曲の音楽の演奏を学ぶことで、その楽器をマスターしようとしているようなものだ。音楽をどう読むかを知らなくては、限界がある。

私が初めて受けたトレーディングの教育は誤っていた。説明させてほしい。私は10年ほど前、きっちりした企業とその資本に対してトレーディングを始めた。私は米国証券外務員資格試験シリーズ7を受けなくてはならず、社内のトレーディング手法について教えられた。シリーズ7に合格し、社内トレーディングについて完了すると、500,000ドル相当を購買力を持つアカウントが与えられた。我々が教えられた方法はテープとニューヨーク証券取引所のオープンブックに基づいていた。このアプローチの主な欠陥は試験のときに耐えることができないということだ。この手法はニューヨーク証券取引所が一部の取引がコンピューター化されたハイブリッド型になるまではよかった。これが手法を永遠に学び続けることが大切な理由である。もう一度説明しなくてはいけない。

もう一つの忘れてはならない大切な要素は、よく練られたトレーディングプランだ。トレーディングプランなしにには取引をしないほうがよい。もしトレーディングプランに従うことができないのであれば、取引しないほうがよい。これはいわゆる規律というものだ。規律とはプランに従う力と定義されるので、トレーディングプランなしに規律を持つことはできない。今まで多くのトレーダー達のコーチを務めてきたが、私が彼らに最初に聞くことは“トレーディングプランがあるか?”ということだ。もし答えがイエスであれば、これは珍しいケースなのだが、私が次に聞くことは、“トレーディングプランに従っているか?”である。たいていの場合、両方の答えがNoである。これがいつもコーチングを始めるところである。トレーディングプランなしに成功することは不可能だ。ではなぜ、それなしにトレードするのだ?

東京サミット2015へのご参加をお待ちしております。お申込みはこちらへ

 





コメントはまだありません.