ゼネラル・エレクトリックがGEキャピタルの日本金融事業(50億ドル規模)の売却を発表 

by Forex Magnates at 13 May, 2015 カテゴリ: その他 | 国内その他 | 国内総合

米ウォールストリートジャーナル紙は、米ゼネラル・エレクトリック(GE)が、50億ドル(約6000億円)規模に上る日本の商業金融事業GEキャピタルの売却を計画しているとの関係者筋情報を報じた。

関係者によると、三菱UFJフィナンシャル・グループ系列の会社と三井フィナンシャルグループが入札に参加する可能性があるとのことだ。

2007年に会社の営業利益の57%を占めていたGEキャピタルのビジネスは2014年には42%に下落。今回の発表ではこれを10%以下に下げることを明らかにした。 売却計画は初期段階にあり、今後のプロセスは数か月以内に正式発表される見込み。この売却により、ゼネラル・エレクトリックの株価は、同社の工業部門の利益を反映するものになる見込み。

リーマンショック後、ホールセール市場にファンディングを依存するGEキャピタルのような金融会社はメガバンクに比べて十分なリターンをあげることが難しくなっている。これがGEキャピタルを処分する動機のひとつとみられる。

東京サミット2015へのご参加をお待ちしております。お申込みはこちらへ





コメントはまだありません.