ビッドコインがインドで再び乱気流入りか

by Forex Magnates at 13 May, 2015 カテゴリ: テクノロジー | 仮想通貨 | 海外

Flag_of_India,_New_Delhi

ビッドコインはインドでは、取引所の銀行口座閉鎖やその他の疑問視の後、まだ完全に困難な状況を脱していない。

520日付でBTCXIndia 社は銀行口座解除の後、強制的に閉鎖されるとみられる。当該の銀行は当該取引所はもはやビッドコインビジネスを提供することはないことを通達した。他の銀行と協力の可能性も探ったが、インド国内のビッドコインに対する一般的政策が協調的ではないだろうことを懸念された。

インドにおけるビッドコインは2013年にインド準備銀行が仮想通貨に警告を鳴らした際に痛い目に合っている。もう一つのインドの取引所Uncoin社は予防策として、一時的に自主閉鎖した。その後、適切な事業運営をもって、取り締まりに規制にかからないと見られた後に再開した。昨年夏、Barry Silbert氏が率いるSecondMarket社は取引所に対して、インドでのビッドコインの安定的存続への期待を表して250,000ドルの投資を行った。

昨年後半、インド準備銀行総裁、ラグラム・ラジャンはキャッシュレス社会に向けた国の動きについてのコメントの一部で近い将来の銀行の仮想通貨の取扱いさえさえほのめかした。 しかし、最近Uncoin社BitcoinMagazineに対して、これらの活動が違法だと考える地方の機関からは疑問視されていると伝えた。

 Unicon最高経営責任者Sathvik Vishwanath氏は政府機関の名前を公表しなかった。彼はいくつかの国で問題になっている規制の明確さの欠如からこのように疑問視を引き起こしていると伝えた。

東京サミット2015へのご参加をお待ちしております。お申込みはこちらへ

 





コメントはまだありません.