オーバーストック社のパトリック・バーン氏ラウンド・ポール上院議員の技術顧問に選出

by Forex Magnates at 12 May, 2015 カテゴリ: 仮想通貨 | 海外 | 海外総合

Photo: Bloomberg

オーバーストック・ドット・コムの最高経営責任者(CEO)であり、ビッドコインの熱烈な支持者であるパトリックバーン氏がラウンド・ポール上院議員の技術諮問委員に選出された。バーン氏はウォールストリートを声高に非難してきた。彼の会社は本年年初からビッドコイン決済を受け付け始め、そのような企業の中で最も大きな企業の一つになっている。バーン氏はビッドコインの売り上げの一部をビッドコインとして保有していると伝えられる。より最近では、バーン氏は従来の証券に替わる“暗号証券”の実現に向けて先導を切っている。

自由主義を提唱する共和党 ランドポール上院議員は最近2016年の大統領選候補者へと名乗り出た。それに際し、ビッドコインによる寄付を受け付ける最初の候補者ともなっている。彼は国のマネーサプライに対して“無介入”という自由主義的アプローチを提唱する。彼はティーパーティー(茶会)運動の支持を受けており、アメリカ国家安全保障局(NSA)の監視を批判している。

彼のキャンペーンはこれまでのところ、テクノロジーとの融合を重要なテーマとしており、技術諮問委員会または技術アドバイサーのグループの発足を伝えた。最近のツイッターでは下記のように述べている。

“我々は最も革新的ななキャンペーンを行っている。そして、テクノロジーはそれに不可欠である。”

“我々の最初の技術諮問委員会のメンバーを発表します。google社のMichele Weslander Quaid氏、Thumbtack社のJaremy Trunnel氏、Overstock社のPatrick Byrne氏、BAE System社のSteve Danziger氏、Schoox社のBlandon Hudgeons氏”

ポール氏は先週、 サンフランシスコのスタートアップハウスにおいて、Brigade社とLincoln Labs社によって主催された“Disrupting Democracy”討論に参加した。サンフランシスコ・クロニクルに対して、シリコンバレーは伝統的なリベラルとみられていたが、多くの共通した自由主義的構想を共有できると信じていると語った。

東京サミット2015へのご参加をお待ちしております。お申込みはこちらへ





コメントはまだありません.