手数料ゼロの株取引を提供のRobinhood、 5000万ドル資金調達。

by Forex Magnates at 11 May, 2015 カテゴリ: その他 | テクノロジー | 海外業者 | 海外総合

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

手数料ゼロの株取引アプリを提供するRobinhoodはベンチャー投資家の興味をひくに関して一切問題がない。

昨年12月に立ち上げられたRobinhoodはモバイルベースの米ストックブローカーで、手数料ゼロの株取引を提供する。このアプリはポートフォリオ情報やストックチャート等を含む。Robinhoodは手数料の代わりに証拠金への利子をとることで利益を得る。さらに、ファイナンス・マグネイトに近いデベロッパーによると、Robinhoodのアカウントと統合される他社製のアプリの構築を検討しているとのこと。これは、デベロッパー市場もまた同社の収入元となり得ることを示している。

Robinhoodのゴールは、簡素化された株式取引サービスを通して、投資家の投資におけるコスト削減を目指すとともに、他社のプラットホームを難しすぎると感じる新しい投資家を興味をひくこと。今のところ、同社は、New Enterprise Associates(NEA)および既存の投資家Index Ventures、Ribbit Capital、そしてSocial Leverageから当初の資金調達ゴールである約5000万ドル調達を成し遂げている。合計で6600万ドルとなる。

Robinhoodはまた、12月の立ち上げ以来このアプリプラットホームにおいて5億ドルの取引がされ、同社クライアントは手数料で約1200万ドル節約したことを報告。同社顧客の25%ビギナー投資家であるとのこと。

また同社は、今回の資金調達を機に事業のグローバル展開を進めることを発表。オーストラリアに新しく事業展開する手続きを開始した。今年後半には当地での事業開始を予定している。

さらに、RobinhoodはAndroid向けアプリのリリースが近いことを発表。現在はベータ段階にある。Android向けアプリにより一層より大きな顧客層確保へと進むことになるとみられる。

 

東京サミット2015へのご参加をお待ちしております。お申込みはこちらへ





コメントはまだありません.