独占記事:テディー・サギー氏のプレイテック社がFXブローカーAVA Trade社買収の動き

by Forex Magnates at 11 May, 2015 カテゴリ: 世界FX取引業者動向 | 海外業者 | 海外総合

Sales

ビリオネアビジネスマンであるテディー・サギ氏はAVA Trade社買収について検討している。事情に近い情報源によると、交渉はすでに始まっており、現在準備中とことだ。

AVA Trade社はトレーダー業界の中でもベテランの評価が高い企業である。2006年に設立されてより、月に200万以上の取引を行う2万人以上の顧客を保有し、Ava Trade社によると月間の総取引高は600億ドル以上にのぼる。

このプロフィールと日本や豪州などの主な管轄地でのオフィスやライセンスはテディーサギ氏のポートフォリオに完全にフィットする。先月サギー氏はTradeFX社をロンドン証券取引所上場のプレイテック社に458ユーロ(支配株式91.1%)で合併したことをもって、公式にB2C FX市場に参入した。

2009年にFXおよびCFDブローカーとして設立されてより、TradeFX社はFXやバイナリー取引テクノロジーの運営やCRMシステムの保有だけでなく、Markets.com社やTopOptionを筆頭としたさまざまなトレーダーブランドのグループの中で成長してきた。2013年にバイナリーオプションプラットホームを設立以後は、2014年年末にWebTraderをリリースしている。

Markets.com社はFX小売市場の中でいくつかのM&Aの機会を調査しているとみられる。このような動きの一部として、AVAはその知名度が高く高価なドメインと輝くアーセナルFCとのプレミアリーグスポンサーシップをもつブランドとの統合が期待されている。Markets.comは自身を世界最速で成長するFX、CFDプロバイダーと称し、強力な顧客基盤と世界に展開するダブリンに本社を置くAVATrade社との演出は確実に相互を補い合っていくことであろう。

東京サミット2015へのご参加をお待ちしております。お申込みはこちらへ

 

 

 

 





コメントはまだありません.