USAA銀行が事業効率化のためビットコイン技術を研究

by Forex Magnates at 11 May, 2015 カテゴリ: テクノロジー | 仮想通貨 | 海外

usaa

サンアントニオに本社をおく軍関係者のために設立されたUSAA銀行はビッドコインのブロックチェーン技術研究のための研究チームを発足させたことを発表した。

同社の技術開発部門マネージングディレクターであるアレックス・マルケス氏は、「企業や銀行、保険、投資会社がブロックチェーン技術を利用することで、バックオフィス業務の分散化に役立てることができるだろう。」と、ロイターのインタビューに対して述べた。

”ブロックチェーン技術は極めて重要だと認識している。この技術は、組織運営の上で非常に大きなインパクトとなるだろう。我々がこのプロジェクトに大規模な人員を賭して取り組んでいるという事実は、この技術の可能性がどれほど深刻かつ重大なものであるかを明示するものだ。”

マルケス氏はまた、ビッドコインを通貨として利用する予定はないことも伝えた。

USAA銀行は運営の向上のためにブロックチェーン技術に関心を寄せる金融機関リストに名を連ねた。UBS銀行やニューヨークメロン銀行は本年年初にこのようなプランを発表していた。ロイターはサンアントニオのDapps Venture Fund社の業務執行取締役デイビッド・ジョンストン氏は事実、最も大きな数々の銀行がこのような技術を内部でテストしていると述べていることも伝えた。

“大方は今年の年末までに、銀行がどのようにそれを導入し、それをどのように発展させるかについて、確固としたブロックチェーン技術ストラテジーを持つだろう。”

業界に近い人物は前にファイナンスマグネイトに対して、多くの銀行が静かにこれらの技術に関心を寄せているが、まだ、それぞれの計画を公にしていないと伝えた。

いくつかの銀行はすでにブロックチェーンに想定されるものと似た機能を果たすプロトコルをもつRipple社と動き始めている。

USAA銀行は1920年、想定される高いリスクのために保険に入ることが困難であった軍関係者のために設立された。退役、現役の1070万人以上の軍人にサービスを提供し、2130億ドルの預金額をもつ。さらに、USAA銀行は2015年1月に行われたCoinbase社の7500万ドルのラウンドシリーズCの主要投資機関の一つでもある。

東京サミット2015へのご参加をお待ちしております。お申込みはこちらへ





コメントはまだありません.