Alpari社、BinaryStation オプション・プラットホームを登用。

by Forex Magnates at 5 May, 2015 カテゴリ: バイナリー・オプション | 海外業者 | 海外総合

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ロシアに本拠を置くグローバルFX及びオンライン取引の大手Alpari社は、米バイナリーオプション・テクノロジー企業Binaryware社のBinarywareプラットホームにより、新しくバイナリーオプションを提供することを発表。

Binarywareプラットホームは、2014年7月に第3規制機関であるFinancial Commission (金融委員会)の認可を受けた。当機関はFXブローカーとトレーダー間の問題を仲裁する。これはバイナリーオプション取引用プラットホームに対する初の認可であり、Binaryware社に競争力を増大した。Alpari社はすでにMarketsPulse社のソリューションを使い、バイナリーオプション取引を提供している。

「今日Alpari社提供の新商品として、バイナリーオプションはダイナミックに進化を続けます。FXのこの分野におけるテクノロジーはますます完璧化され、トレーダーの関心は増大し続けています。そのような現状で、当社は一歩先を行く技術を目指しています。そこで当社は、Binarystation社プラットホームでのバイナリーオプション取引サービスを提供を開始します。当プラットホームは市場で最も優れたプラットホームであり、さらにFinancial Commission (金融委員会)の認可を受けた唯一のプラットホームでもあります」とAlpari社取締役であるSergey Vyazmin氏は語る。

他社バイナリーオプション・プラットホームが、手数料として利益の一部をブローカーからとるが、Binarystation社は「収入分与」を行わないユニークなビジネスモデルを展開する。Alpari社のような大手顧客にはより適するビジネスモデルと言える。当プラットホームは、パワフルな機能、柔軟な設定、制限がないほどの数多い商品を提供する。現在Binarystation社は、Alpari社の他にBCS社、AMarkets社等とも手を組んでいる。

「Alpari社とのパートナーシップは当社にとっても重要なステップです。今後もより質を高め、新しいアイデアそして機能を拡大していきます。当社により高い関心をいただき、今後ますますの向上を目指していきます」と、Binarystation社の業務執行取締役であるMikhail Chistyakov氏は語った。

 





コメントはまだありません.