ペッパーストーン社、カナダ自主規制機関なしでカナダ顧客をターゲット。

by Forex Magnates at 23 April, 2015 カテゴリ: 世界FX取引業者動向 | 海外 | 海外FX規制関連 | 海外業者 | 海外総合

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ペッパーストーン社はカナダドル建て口座の提供を始める、最も最近のブローカーである。驚いたことに、同社はカナダのクライアント向けに新しくサービスを提供することを発表した。

カナダの法律によると、居住者に店頭FXサービスを提供するためには、同国自主規制機関であるIIROC (Investment Industry Regulatory Organization of Canada)に加入しているしている必要がある。

ペッパーストーン社はIIROCのメンバーではない。しかし同社の最近の発表によると、カナダのクライアントはクレジットカードを使い、手数料なしで自分の口座に入金あるいは口座から引き出しをすることができる点を強調した。

これまでブローカーは、同国規制に遵守しカナダに事業所を立ち上げコスト等で不利な立場に立たされていた。

海外ブローカーは、規制当局の建前に関わらず、カナダ市場を積極的にターゲットしてきている。

ペッパーストーン社は「多大な要望に応え」、カナダドル建て口座を開始したと語る。さらに、Metatrader 4及びcTraderプラットホームを通してのサービス提供となることを報告。

自主規制機関IIROC は、OTC FX取引に対して 流動性レバレッジ規制を行うことで悪名高い。カナダのクライアントのマージンは、市場の変動性に応じて流動性である。自主規制機関はその最新ニュースの定期発表の中で、市況が変動していると発表。

 

 





コメントはまだありません.