中国中央銀行、信用枠押し上げ対策へ。

by Forex Magnates at 21 April, 2015 カテゴリ: その他 | 中国ウォッチ | 海外総合


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
今週末、中国人民銀行は商業銀行向け預金準備率を引き下げた。これは、同国における信用保証を受けやすくし、ここ数ヶ月の経済停滞化に歯止めをかけることを目的とする。

100 bpsの削減により、同国商業銀行の預金準備率は18.5%.へと低下。これは各銀行が中国人民銀行に維持しなければならない預金の%を示す。この資金は中央銀行に預けられているため、顧客へのローン貸出に利用することはできない。

市場では、50 bps削減による19%が予想されていたため、予想外の動きとなった。インフレのプレッシャーを持たない弱い成長軌道により、中国当局関係者は、経済成長を刺激する新しい方法を見つけ出さざるおえなかった。

この結果、中国株式市場は過去6ヶ月ほど活発な動きを見せ、一層の刺激材料を期待している。今回の決定は、中央銀行が2014年11月以来採った4番目緩和策である。この間、金利及び預金準備率をそれぞれ2回引き下げている。

この発表に中国株式市場は無条件反射的に反応した後急落を伴い、月曜日には株式市況が1.64%減となった。

同国経済減速を防ぐという意味では、今回の刺激策は比較的小さい影響を見せるだけとなった。

「今回の動きは経済成長を促すために十分ではなかった」という専門家の批判が聞かれる。

三菱東京UFJ銀行のアナリストによると、「中国人民銀行の刺激策は、経済減速を食い止めるためにはまだ十分でない。オーストラリアの参入に一層のプレッシャーがあると考える。」とのこと。

東南アジア市場に重点を置く民間投資銀行CIMBによると、「中国人民銀行の今回の動きに引き続く、アジア貨幣への一時的な高揚感は、安いドル買いのた適切なレベルを提供する可能性がある」とのこと。

 

 





コメントはまだありません.