Apple Pay、海外市場獲得で苦戦を強いられる。

by Forex Magnates at 10 April, 2015 カテゴリ: その他 | 海外その他 | 海外総合

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Apple Payは、アメリカでわずか数か月間に大きなマーケットシェアを獲得し、他のモバイル決済システムが達成できなかったことを実現した。

しかし業界が成熟化するにつれ、海外市場が新しい激戦の場となりつつある。新しい物を受け入れる消費者マーケットへのiPhone、iPad そしてApple Watch立ち上げと異なり、Apple Payの成功には地銀一つ一つとのパートナーシップ構築が必要隣る。

モーガンスタンレーのテクノロジー担当アナリストであるアンドリュー・ハンフリー氏は、「それぞれのマーケットに異なるプレーヤー、パートナーシップ、基準、協力体制がある」と語る。

今年始め、Apple Payのイギリスでの立ち上げは、地銀が個人情報収集に懸念を抱き大きな逆風を受けた。中国では、すでに定着しているAliPayそしてTencent’s WeChat Walletを相手に厳しい戦いになることを予想するアナリストが’いる。

Googleとサムスンもまたこのマーケットの競合局面を大きく塗り替えた。銀行やクレジットカード会社もまた、Apple Payを脅威と考え同マーケットへの参入を模索している。

その一方、Apple製品の軽さとサイズは米以外のマーケットシェア獲得への勢いにもつながると見るアナリストもいる。

また、クレジットカードが仮想コイン”ビットコイン”と連動し、近距離無線通信等のテクノロジーを利用して決済を行うOneBitなどのハイブリッド型の新しい商品も登場している。

 





コメントはまだありません.