Boost VC社の創設者、BitLicense 制度提案に対しオンライン嘆願書を開始。

by Forex Magnates at 9 April, 2015 カテゴリ: その他 | 海外FX規制関連 | 海外業者 | 海外総合

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Boost VC社の創設社アダム・ドレーパー氏は、ビットコイン事業のライセンス化を図る 「BitLicense(ビットライセンス)」制度提案に対し、オンラインによる嘆願書を開始した。同氏によると、この制度は主要な金融センターにおけるイノベーションに大打撃を与えることになるという。同氏は嘆願書において、「ニューヨーク金融サービス局は制度を簡素化し、ニューヨークにおけるイノベーションや経済成長の機会を潰しかねない障壁を取り除くべきである。」と訴える。

同氏の意見は、最近のBitcoin Industry Working Groupを始めとする他の関連機関と共有するものである。Bitcoin Industry Working Groupは、金融サービス局によるこの制度提案の下では、通常のマネー送信許可だけでなく、新しくBitLienseの取り扱い許可も受けなければならなくある企業が出てくることを指摘。これはスタートアップ企業に不当な困難を与えることになる。

アダム・ドレーパー氏はまた、「このルールは企業にに顧客情報収集を要求する。連邦政府当局が要求する以上のより個人情報に立ち入った情報のレポート及び記録を伴うこの要件は、これは州レベルでは前例のないものである。このような要求は、確立された資金洗浄対策を破壊しかねない。」と語る。

同氏は以下3点を提言。

⒈ 情報収集を、連邦政府当局の要件と同じレベルに制限する。

⒉ 連邦政府と州の規制・法令でオーバーラップする点を取り除く。

⒊ リスクを理解するごく少数の人々が新しいソリューションをテストするための「金融市場向けイノベーションのサンドボックス」の設定。

この嘆願書は目標署名数100件の内、46件を獲得。

 





コメントはまだありません.