スタンダードチャータード銀行ドバイ支店の最高責任者、突如辞職

by Forex Magnates at 8 April, 2015 カテゴリ: その他 | 海外その他 | 海外総合

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(写真:ブルームバーグ社)

 

 

スタンダードチャータード銀行の人員の入れ替わりは未だに鎮まる様子がない。ブルームバーグ社の報道によると、Mohsin Nathani がアラブ首長国連邦における同行支店の最高経営責任者を辞任した。

同銀行は、先週多くの事業活動にわたり一連の動きを発表した。具体的には、ファイナンシャル・マーケットグループ責任者Jonathan Paul氏とコーポレート・ファイナンスグループ責任者SumitDayal氏という2人の新しいグループ責任者就任を発表したばかりだ。

同銀行における人員大移動は過去2年間にわたり続り、株値は39%低下。最高経営責任者 Peter Sands 氏もまたこの夏に退く予定。

Nathani 氏は2010年に同行パキスタン支店の最高経営責任者に就任した。同氏は、後任が決定しスムーズに引き継ぎが行われるように通知期間は同行に残る予定。

同氏は2014年2月にドバイ支店の最高経営責任者に就任したばかりである。辞職後は家族と過ごす時間をもっと持ちたいをのこと。





コメントはまだありません.