マネックス証券、香港に新しい資産運用銀行を共同出資で設立

by Forex Magnates at 5 April, 2015 カテゴリ: その他 | 世界FX取引業者動向 | 国内業者 | 国内総合 | 海外業者 | 海外総合

monexlogo

日系及び香港系金融会社によるコンソーシアムは、香港に新しく資産運用サービス専門銀行の設立を発表。Nippon WealthManagement 社 (NWM)は、この地域の主要金融センターの一つである香港の個人客向けに、約10社の共同出資により設立される。

このコンソーシアムはマネックス証券に加え、新生銀行、ADキャピタル社、コンボイ社そして東急リバブル社などの共同で開始された。新しく設立されるNWM社は、現在香港規制当局の認可待ちであり、2015年度上期にサービスを開始予定。

NWM社は、4月2日に香港金融管理局にから制限付き銀行免許の認可を受けた。それに続き香港証券先物取 引委員会に営業許可を申請する予定。

この新設金融機関は銀行預金、投資信託、その他仕組商品等資産管理サービスの提供を目指している。

マネックスグループ元取締役の中島努氏が最高経営責任者、長谷川建一氏が最高財務責任者に就任。ペニンスラオフィスタワーに本拠点を構える。2013年6月にNWM社の持ち株会社OJBCを設立した新生銀行及びマネックスグループなどによる共同出資となる。

2015年4月現在OJBCの資本は3,729 万ドルで、新生銀行が50%の議決権を保有している。





コメントはまだありません.