GMOクリックホールディングス社、ジャスダ ック 市場に株式上場。FX Prime社はバイナリーオプションサービス再開始

rp_GMO_Click_logo-150x150.png

GMOクリックホールディングス社は、FX Prime社との株式交換契約締結後、ジャ スダ ック市場に株式上場した。GMOクリックホールディングス社(TYO:7177)は、4月1日に正式に新しいシンボルで上場後、1,220円 から 1,420円の間で取引された。

FX Prime社の株は3月26日付けで銘柄表から外され、新社名及びシンボルで取引されている。

同社の株は力強い動きを見せ、2014年10月以来4倍の高値となった。

一方、FX Primeはバイナリーオプションサービスの再開始を発表。この新しいサービスは4月4日(土曜日)にクライアントからの口座開設申し込み受付を開始する。サービス自体は4月13日(月曜日)の開始となる。

アンドロイド及びiPhone用スマートフォン対応アプリは4月18日にリリースされる予定である。

取引される通貨ベアは米ドル/日本円, ユーロ/日本円, 英国ポンド/日本円and the ユーロ/米ドル。全てのラダーバイナリーオプション取引は厳しい日本法規制に遵守し2時間毎に満了する。

日本ではバイナリーオプション取引が最近の低下傾向にあるが、その事実に関わらずこの動きが決定された。バイナリーオプションメカニズムが比較的最近設定(2013年12月)されたことから、日本のバイナリーオプション・オペレータが提供するデータサンプルはまだわずかであるが、昨年の2月、3月、そして4月の取引量記録は未だに超えられていない。

フォーレックスマグネイト社は過去に日本市場に関して、FXとバイナリーオプションの取引量は逆相関関係にあることを報告した。つまり、投資家は変動が低くなるとバイナリー取引に押し寄せ、高くなるとまたFXに戻って来る。

 





コメントはまだありません.