サクソバンク、一新した取引プラットフォーム『SaxoTrader GO』を発表

rp_saxo_bank_logo-150x150.png デンマークのマルチアセットブローカー、サクソバンクは近々次世代のプラットフォームをローンチする事を発表した。この新しいプラットフォーム名は『SaxoTrader GO』で、ウェブ版も含まれる。

 この新プラットフォームはiOSやAndroidのスマートフォン、タブレットにも対応する予定である。サクソバンクの声明によると、この新しいソリューションはSaxoTraderを徹底的に再設計し一新したものであるという。

 この取引プラットフォームは様々なデバイスでシームレスに稼働するような設計であり、ウェブ版はHTML5ベースのチャートを搭載する。チャーティングソリューションはモバイルデバイスとデスクトップで完全にインタラクティブであり、チャート上からの取引にも対応する。

 口座管理システムも再設計され、同プラットフォームから『My account』という独立したポータルに切り離された。インターフェースの機能も変更され、ユーザーエクスペリエンスがさらに簡単かつ効率的になる。

 SaxoTrader GOを補完する新しいモバイルアプリは、iOSでプッシュ通知とアラート機能を特徴とし、4.1以上のOSを採用するAndroidデバイスにはウィジェットがある。詳細は追って同社から発表される予定だ。

 サクソバンクは発表の中で記していないが、同社Tradingfloor.comポータルの新プラットフォームへの統合も新たなユーザーエクスペリエンスの一部となる可能性がある。

SaxoTrader GO
【関連記事】

この記事は英語版のオリジナル記事をWESTERN Inc.が日本向けに編集したものです。

■最新版フォレックス・マグネイト四半期調査報告書販売中!
■フォレックス・マグネイト日本版の最新記事をfacebookでチェック





コメントはまだありません.