ロシア自主規制機関、ブラックリストにFXブローカーを追加、計43社に

CRFIN ロシアの自主規制機関CRFIN(Centre for Regulation in OTC Financial Instruments and Technologies)は、FXプロバイダーであるTrade Union社のサービスをブラックリストに追加した事を発表した。

 先月、CRFINはインターネット業者のPROM 24社をブラックリストに載せた。同社はウェブサイト上で同社への入金に対する法外な利益率を謳っている。今回のTrade Union社の追加により、CRFINのブラックリストは43社に膨らんだ。

 Trade Union社のドメインはhttps://trade-union.org/index.phpで、CRFINは同社の保証されたリターンやその他の詐欺的アクティビティを指摘。同社の信じがたい投資計画の内容には下記が含まれる:

  • 24時間で1-6%の範囲での利益を保証
  • 週末に預け金の1%分の固定利益
  • 顧客を引き寄せる為の高額ボーナス
  • 5%の紹介ボーナス保証
  • 顧客の投資資金を返還する事が出来るという保証の欠如
  • ライセンス、情報の欠如

CRFINのブラックリスト一覧はこちら

【関連記事】

この記事は英語版のオリジナル記事をWESTERN Inc.が日本向けに編集したものです。

■最新版フォレックス・マグネイト四半期調査報告書販売中!
■フォレックス・マグネイト日本版の最新記事をfacebookでチェック





コメントはまだありません.