アルパリUK社顧客買収したETX Capital社CEOにインタビュー

by Forex Magnates at 30 March, 2015 カテゴリ: 世界FX取引業者動向 | 海外業者 | 海外総合

etx_capital_logo アルパリUK社顧客データ買収の発表後、ETX Capital社CEOのAndrew Edwards氏はフォレックス・マグネイト記者に過去の買収経験を語った。また同氏は、新記録を打ち出した2014年を終え、今後の買収計画による展望についても話した。

ETX Capital社は、昨年6月にShelbourne社と同様の取引を行っていましたが、その買収の成功が、アルパリUK社顧客買収の検討を後押ししたのですか?

 Shelbourne Markets社の顧客買収はShelbourne社とETX Capitalに有益な成果を導きました。当社がKPMG社にアルパリUK社顧客買収案を提示した時、Shelbourne社とのディールを例として出しました。
 
 私達は頭金が高額にならない事について特別管財人に率直に話し、KPMG社から良い返答を得る事が出来ました。私はShelbourne社のディールが、今回の買収に支払える金額に対する自信となったと思っています。

Andrew Edwards, CEO, ETX Capital

ETX Capital社CEO Andrew Edwards氏

ETX Capital社が海外の顧客ベースを拡大する予定であると声明にありましたが、アルパリUK社顧客の大半はUK外なのですか?

 アルパリ社は当社の顧客層と非常に似ています。両社共に、過去5年間で海外への拡大を行っています。現在、当社収益の40%だけがUKからで、アルパリ社にも同様の事が言えます。当社は多言語・複数サイトのサービス提供を熟知しています。

買収した顧客の地域分布はどのようなものですか?

 アルパリUK社は当社よりも中東で大きなプレゼンスを有しているため当社にとって有利と言えます。アルパリ社も当社も極東と西ヨーロッパでのプレゼンスがありますが、アルパリ社は当社よりドイツビジネスが発展しています。私達は、ドイツ、中東に拡大出来る事を非常に嬉しく思います。

アルパリUK社の稼働口座数はどの位ですか?

 約150,000口座あり、内約80,000口座に残高があります。アルパリ社の月間の稼働口座数は約1,500です。

現時点でさらなる買収を狙っていますか?

 もちろんです。当社は経営難に陥っている小規模ブローカー数社と話し合いをしています。現在のビジネスモデルを継続する事に苦悩している多くの企業が存在します。アルパリUK社の買収を成功させれば、当社はこれらの業者から取引相手として見てもらえる可能性があります。

2014年はどのような年でしたか?

 当社の数値は現在監査中ですが、非常に利益性が高く記録的な2014年でした。財務実績は今後発表される予定です。

【関連記事】

この記事は英語版のオリジナル記事をWESTERN Inc.が日本向けに編集したものです。

■最新版フォレックス・マグネイト四半期調査報告書販売中!
■フォレックス・マグネイト日本版の最新記事をfacebookでチェック





コメントはまだありません.