大手バイナリーオプションブローカー、キプロス当局から1万ユーロの罰金

by Forex Magnates at 27 March, 2015 カテゴリ: 世界FX取引業者動向 | 海外業者 | 海外総合

EZTrader logo 大手規制バイナリーオプションブローカー、EZ Trader社は、キプロス証券取引委員会(CySEC)から制裁金を課せられた。CySECは、同社の親会社であるWGM Services社に罰金を課すという決定を下した。

 WGM Services社はEZ TraderとEZInvestのブランドを展開している。今回の罰金は、昨年同社のライセンスが約1か月間CySECから免停を受けていた間、承認を得ずにサービスを提供し続けていた事に対してである。

 当時、CySECはWGM Services社が顧客資金保護、投資業者の資本要件、大口エクスポージャーに関する数々の証券法に違反していたと説明した。

 WGM Services社のライセンスは復活したが、1か月のライセンス免停について当局から詳細は提示されいない。

 キプロスの証券法によると、キプロス投資業者(CIF)として認可された企業はCySECからライセンス免停を受けた場合、通知があるまでサービスの提供を停止しなければならないと記されている。

 WGM Services社の子会社であるEZ Trader社とEZInvest社は、現在通常通り営業しリテールサービス取引を提供している。

【関連記事】

この記事は英語版のオリジナル記事をWESTERN Inc.が日本向けに編集したものです。

■最新版フォレックス・マグネイト四半期調査報告書販売中!
■フォレックス・マグネイト日本版の最新記事をfacebookでチェック





コメントはまだありません.