アルパリロシア社、2月取引高15%ダウン、3ヵ月連続の減少

by Forex Magnates at 26 March, 2015 カテゴリ: 世界FX取引業者動向 | 海外業者 | 海外総合

rp_Alpari-logo-300x196-300x1961111-300x1961.jpg アルパリロシア社は、2015年2月のロシア・CIS諸国における取引高を発表した。1月のスイスフラン・ショック後、ボラティリティは低下し、2月取引高747億ドルで前月比15%減少であった。

 同社は2月の前月比減少の主な要因を、同社トレーダーの主要取引通貨ペアであるEUR/USDのボラティリティ不足だと説明した。

 3月初旬、アルパリ社は100万口座突破を発表した。また、稼働顧客数も非常に高い水準である事も示していた。

 2015年1月のアルパリロシア社取引高は880億ドルで12月の900億ドルから減少しており、今回の発表で3ヵ月連続の減少となった。

【関連記事】

この記事は英語版のオリジナル記事をWESTERN Inc.が日本向けに編集したものです。

■最新版フォレックス・マグネイト四半期調査報告書販売中!
■フォレックス・マグネイト日本版の最新記事をfacebookでチェック





コメントはまだありません.