速報:FXCM社、FXCMジャパン証券を楽天証券に売却

by Forex Magnates at 26 March, 2015 カテゴリ: 世界FX取引業者動向 | 国内業者 | 国内総合

rp_fxcm-logo-150x1501.jpg FXCM社は子会社のFXCMジャパン証券株式会社を6,200万ドルで楽天証券株式会社に売却する事に合意した。

 この契約は、FXCM HOLDINGS,LLC、FXCM NEWCO,LLC(FXCM Inc.の子会社でFXCMジャパン証券の株式保有会社)と楽天証券によって合意された。楽天証券はFXCMジャパン証券の発行株式100%を4月1日付けで取得し、FXCMジャパン証券は楽天証券の子会社となる。

 楽天証券は、FXCMジャパン証券の顧客に引き続きFXCM社の取引システムを提供し続ける予定である。このディールが最終的に完了次第、楽天証券は顧客に詳細を通知するだろう。この発表後、FXCM社株(NYSE:FXCM)は時間外取引で8%高値で取引された。

 この買収はフォレックス・マグネイトがFXCM社の決算報告のレビューをした際に取り上げられており、FXCMジャパン社の価値は約1,200万ドルを下回ると推測されていた。このディールは、Leucadia社への多額の融資返済に向けたFXCM社の正しい選択肢であったといえる。

 Pinnacle社は本ディールの財務アドバイザーを務める。

 遡る事2011年、同社は17,000口座と1億1,000万ドルの顧客資産を有していた GCI社を500万ドルで買収。また、同年にフォーランドフォレックス社を1,700万ドルで買収した。

 最終的な取得金額はFXCMジャパン証券の2015年3月末財務諸表をベースとした計算により決定される。

Rakuten CEO Hiroshi Mikitani At Tokyo Stock Exchange (Photo: Bloomberg)

Rakuten CEO Hiroshi Mikitani at Tokyo Stock Exchange (Photo: Bloomberg)

【関連記事】

この記事は英語版のオリジナル記事をWESTERN Inc.が日本向けに編集したものです。

■最新版フォレックス・マグネイト四半期調査報告書販売中!
■フォレックス・マグネイト日本版の最新記事をfacebookでチェック





コメントはまだありません.