アルパリUK社の特別管財人、マイナス残高の負債分カバーについて発表

by Forex Magnates at 18 March, 2015 カテゴリ: 世界FX取引業者動向 | 海外業者 | 海外総合

rp_Alpari-logo-300x196-300x1961111-300x1961-150x150.jpg 火曜日、アルパリUK社の特別管財人を務めるKPMG社から顧客のマイナス残高について新たな動きが発表された。

 今回の発表で、KPMG社は最初のトランシェが、共同特別管財人が有効な連絡先を確認したマイナス残高顧客の負債をカバーする予定であると述べた。

 しかし、1月15日木曜日9:00GMT以降に建てたスイスフランポジションを保有する顧客は除外されている。現段階では、これに該当する顧客はKPMG社からの更新情報を待つ以外ない。

 この最新の発表は、先週12日に開催されたアルパリUK顧客と債務者の第1回決議会議に続いた。同会議では、多くの方策について投票が行われ、共同特別管財人の提案承認と、債権者委員会の設立は圧倒的多数で賛成を得た。

CCI Legal Services社が補佐として加わる

 さらに、マイナス残高対応の進捗報告に加え、KPMG社は、マイナス残高顧客の負債回復を円滑に進める補佐としてCCI Legal Services社を指名した事も発表した。KPMG社によると、CCI Legal Services社はアルパリUK社と共同特別管財人の代わりに役目を果たせる権限を与えられた。同社は、顧客に直接連絡を取る予定である。

 アルパリUK社で複数の口座を保有する顧客の対応については、顧客毎に残高を合算する予定である。

GBPで統一

 アルパリUK社顧客資金と請求金額を米ドルの単一通貨で保管するという先月の発表内容とは異なり、今回の発表では全口座残高がGBPの公式レートに換算されると述べられた。

【関連記事】

この記事は英語版のオリジナル記事をWESTERN Inc.が日本向けに編集したものです。

■最新版フォレックス・マグネイト四半期調査報告書販売中!
■フォレックス・マグネイト日本版の最新記事をfacebookでチェック





コメントはまだありません.