TRADOLOGIC社、米バイナリー市場開拓に向けCantor取引所と提携

tradologic TRADOLOGIC社は、Contor取引所とのパートナーシップ契約を無事締結した事を発表した。この提携はバイナリーオプション・ブローカレッジテクノロジープロバイダーとしてのTRADOLOGIC社の地位を強化させるものである。

 Cantor取引所は、ダイレクトアクセス・マーケットプレイスで、グローバル金融サービス企業Cantor Fitzgerald社子会社である。また、米国商品先物取引委員会(CFTC)に規定された指定契約市場(Designated Contract Market:DCM)である。競合のSpotOption社テックフィナンシャルズ社は、両社ともにCantor取引所と提携している。

 このパートナーシップは、取引委員会に承認されたCantor取引所を通したTRADOLOGIC社ホワイトラベルパートナー達の米市場参入を可能にする。さらに、米国トレーダーに、同社が展開する最も注目のバイナリーオプションブローカーでの取引チャンスを提供する。

 規制を受けた取引所を介した米市場開拓は、既存・見込み顧客にさらなる取引のグローバル化を与える。また、同社は米国市場を勝ち取る為に設立された2つの新ブランドも発表する予定である。

 事業開発マネージャーのGil Erez氏は「米国経済には膨大なポテンシャルがある為、当社は当社顧客に、認可・規制を受ける取引所下で営業できるチャンスを提供します。当社ホワイトラベルパートナーの大半は、Cantor取引所との提携を積極的に活用しており、既に1ヶ月以上に渡りフルキャパシティーで取り組んでいます」と述べた。

 さらに、見込み顧客に対し、同社商品が日本の金融庁に認可された規制要件に完全準拠していることも改めて示した。

【関連記事】

この記事は英語版のオリジナル記事をWESTERN Inc.が日本向けに編集したものです。

■最新版フォレックス・マグネイト四半期調査報告書販売中!
■フォレックス・マグネイト日本版の最新記事をfacebookでチェック





コメントはまだありません.