調査レポート:スイスフラン・ショックはFX市場をどのように変貌させたのか

by Forex Magnates at 12 March, 2015 カテゴリ: その他 | 海外総合

SNB HILDEBRAND ブローカーやトレーダーにとって忌まわしい日となった2015年1月15日、スイス国立銀行がスイスフランの対ユーロ上限を急遽撤廃し、世界のマーケットを震撼させた。スイスフランの歴史的大暴騰により次から次へと劇的な事態が発生した。しかし、徐々に事態は収拾し始め、新たな市場の姿が形成されてきた。このスイスフラン・ショックによって決定的な勝者と敗者が生まれた事は明らかである。

Screenshot Forex Magnates SNB Crisis Special Report

(図:フォレックス・マグネイトのスイスフラン・ショック特別レポートから抜粋)

Swiss Franc Crisis Forex Report

スイスフラン・ショックの経緯
ソース元:フォレックス・マグネイト

 スイスフラン大暴騰の衝撃で、多くのブローカーでスイスフランが取引不能状態となった。そして実行された注文が消失する大惨事となり、マイナス残高に陥る口座も発生し未だに解決されていないものもある。さらに、FXCM社やアルパリUK社等の業界大手は緊急救済措置の必要性に直面し、アルパリUK社は完全に破綻した。

価格の急変動を受けて

 スイスフラン・ショックは、不安を抱えるトレーダーや市場参加者が自分達のストラテジーやブローカーを見直すきっかけとなった。さらに、ブローカーもテクノロジー、リクイディティ、インフランのストレステストを行った。

 多くの訴訟問題は解決まで数年を要するものもある為、今回の混乱は今後数ヵ月に渡り議論されるだろう。

勝者と敗者

 数々の事態やそれによる副次的な影響を受け、業界は世界中のトレーダーやブローカーに焼付けられたスイスフランのボラティリティの記憶と共にその姿を一変させている。

 フォレックス・マグネイトの最新の調査報告書『Extreme yet Foreseeable – The Swiss National Bank Crisis』では、業界を急変させたスイスフラン・ショックの背景や市場動向のデータについて詳しく取り上げている。また、スイスフラン・ショック後の業界の行方についても述べている。
※この調査報告書をご希望の方はsales@forexmagnates.comまでご連絡ください。

【関連記事】

この記事は英語版のオリジナル記事をWESTERN Inc.が日本向けに編集したものです。

■最新版フォレックス・マグネイト四半期調査報告書販売中!
■フォレックス・マグネイト日本版の最新記事をfacebookでチェック





コメントはまだありません.